2018年度 東京同友会渋谷支部 大例会 
世界最先端の建築・空間デザインを知る― 数々の世界的な賞を受賞している建築家 落合守征氏に聞く先端デザインのチカラと魅力

日 時
2018年11月8日(木)
例会 18:00~20:40 
交流会/懇親会 21:00~22:20
会 場
全理連ビル9F 会議室B
東京都渋谷区代々木1-36-4 全理連ビル
報告者
落合 守征 氏
株式会社 落合守征デザインプロジェクト 代表取締役
参加費
例会 2000円 
※終了後、同会場にて懇親会(参加費別途3000円)
参加人数
54名

数々の世界的な賞を受賞している建築家
落合守征氏に聞く先端デザインのチカラと魅力

ビジネスにおいて、デザインがもつ印象付けや訴求性が重要なことは自明ですが、でもデザインの優劣ってなかなか理解できませんね。 今回は、世界的な建築・空間デザイナーの落合さんの数々の作品を通して、最先端のデザインが生まれる背景・理念にも触れていただき、注目を集めている岡山県美星町の町おこしプロジェクトも語って頂きました。

落合 守征 氏 
株式会社 落合守征デザインプロジェクト 代表取締役
【講師プロフィール】
東京生まれ。 早稲田大学大学院 理工学研究科 建築学専攻 修士課程修了。

世界最高峰のデザイン賞iFデザイン賞(ドイツ)最高位金賞/同じく世界三大デザイン賞の一つであるレッド・ドット・デザイン賞(ドイツ)二回/アメリカを代表するデザインメディア主催の国際賞INTERIOR DESIGN Best of Year Award(USA )最優秀賞三回(奨励賞一回)/世界最大規模のイタリアの国際デザイン賞A‘DESIGN 賞銀賞二回、入賞三回/レストラン・バーデザインの世界最高峰Restaurant & Bar Design Awards ( イギリス) Decorative Lighting 部門にて、二年連続で最優秀賞を受賞/イギリスデザイン協会主催Society of British and International Design Award では、商業施設部門で新国立競技場の設計者であったザハ・ハディド氏を抑え、最優秀賞を受賞/・・などなど世界各国のメディアで紹介され、世界的に高い評価を受けている。

活動理念は、デザイン活動を通して、人と空間の新しい在り方を探求し、新しい時代の空間創造の挑戦を続けること。

= 過去履歴 =